【言っちゃいます】料金の明確性とトリートメントの必要性とその本音の部分その2

奈良市の隠れ家美容室At,-hair story-/アットヘアー縮毛矯正・デジタルパーマの駆け込み寺

パーマ美容師増田です.^^v

 

【言っちゃいます】料金の明確性とトリートメントの必要性とその本音の部分その2

発端は

【言っちゃいます】料金の明確性とトリートメントの必要性とその本音の部分その1

2016.07.10

です。

トリートメントの位置づけと明確な料金をはじめに伝える必要性。

 

前回はトリートメントのお勧めの裏側をお伝えしましたが。

アットヘアーの考える。

 

トリートメントの種類と位置づけです。

トリートメントには大きく二つに分けることが出来ます。

 

一つは施術によるダメージを軽減する。又はそれを施すことにより、本来使用する必要のある薬剤の力を少なくし、助剤的な役割で、その薬剤の力を高めるもの。

手触りにあまり大きな効果を与える事はないが、毛髪内部(いわゆるインナーといわれている)に効果を発揮する

施術時間は時間のや手間のかかるものが多い・正しく扱うには相当な知識が必要。

 

もう一つは、ダメージそのものを抑制する働きはないが、見た目や手触りに大きな効果を発揮する。

毛髪外部に効果を発揮するもの。視覚的に効果を実感しやすい。

施術時間は短時間でシャンプー台や簡単な方法で可能。

 

 

美容業界に存在する、トリートメントは大きくはけてこの二つです。

そして細かく分類すると数多の種類が存在しますがほとんどこの二つの目的です。

 

そして、最近は毛髪外部にしか効果のないものをいかにも毛髪内部に効果のある物としてお客様に施術されている美容室が多くなってきている。

それはなぜか?

 

見た目(艶など)に効果のある物を使えば、毛髪内部も修復したかの錯覚を起こさせることが出来るからです。

そして、私たち、美容師自身が理解しているのか、していないのかの問題もあります。

 

ではお客様にそれを判断するすべはないのか。

 

 

いや

 

 

あります。

100%ではないですが、簡単な判断方法として、

カラーやパーマ・縮毛矯正など、施術後にする、トリートメントは高確率で後者の毛髪外部に作用するものです。

 

 

美容業界のトリートメント、値段は全くピンキリです。

同じトリートメントでもお店によっては2000円~10000円まで本当に幅があります。

逆に言えばトリートメントをつけることによってチラシの割引額なども大きくすることが出来るのです。

時間もかからないし。(笑)

 

それどころか、施術直後のトリートメントは間違った方法で使用すると。

パーマのダレやカラーの色落ちを早める。簡単に言えばダメージを促進する可能性もあります。

美容師自身がメーカーやディーラーに惑わされてそのままお客様に使用している例が後を絶ちません。

 

前回の記事にあったようなトリートメントはおそらく後者の毛髪外部に作用させるためのトリートメントであることは間違いない。

そのようなトリートメントは正直なところ多額の料金を払ってまでする必要があるのかは正直私個人としては疑問が残ります。

 

 DSC_0446-2

 

 

アットヘアーでは、トリートメントメニューは存在しません。

それはなぜか?

お客様すべてにトリートメントメニューが必要だと考えているからです。

(艶・ボリューム・ダメージ・まとまり・動き。)

がほしくないお客様はいないはずです。

 

アットヘアーではお客様に使用する

毛髪内部に作用するトリートメントや処理剤。

毛髪外部に作用する艶などを与えるものは

 

正しい使い方で

もちろん全て無料で施術させて頂いています。

DSC_0445-2

 

美容業界のトリートメントについて簡単にお分かりいただけましたでしょうか?^^

 

では、明確な料金をはじめに伝える必要性です。

値段がわからない。そんな事が普通にまかりってしまう美容業界です。

「トリートメントされますか?」

「はい。お願いします」

 

「わかりました」

 

っていくらなんだよ!!

みたいなことも日常茶飯事ですw

 

そもそも、薦められると断りづらいって事もありますよね。

僕は特にそのタイプですがw

 

美容室ではメニューの変更や、施術メニューの追加などが普通に起こりうる事です。

これは、お客様の髪の状態や、なりたいスタイルや雰囲気に合わせていく中でどうしても仕方がない部分ではあるのですが。

最低限の接客として。「今このお値段でして、これをするといくらになりますがよろしいでしょうか?また時間が追加で○○分かかりますが、この後のご予定大丈夫でしょうか?」

の一言は間違いなく必要と思います。

 

はっきり言って予算オーバーの時、提案してもらった後だと断りづらい。という時の断り方としては。

「時間の都合で難しいので、次回また考えますね^^」とか

簡単におっしゃってくだされば全然問題ないです。

 

本来美容室は

時価の寿司屋の様に会計するまで値段がわからない様な状態で施術を受けるものでは無いです。

 

リラックスできるものも出来ませんからね。

 

アットヘアーでは間違いなく初めのカウンセリングの段階でお値段はお伝えします。

その後お値段が変わることは一切ないです。

 

値段というのは本当に難しいです。

美容室が今何十万件あるのと同じで金額も多種多様になってきています。

ですが、

本当に勉強しておられる美容師は

恐らく料金も説明されますし、トリートメントを後からオススメする様な事はしません。

そして料金もそれなりにするし割引も恐らくはないです。

お客様と美容師は信頼関係の元成り立ち。

目の前にいる貴方を見ています。 髪や売り上げを見ている訳ではありません。

なので、お客様を不安にさせるような事はしません。

営業時間以外にも、時間を割き、費用を払い自分を支持してくださるお客様がただ笑顔になってほしいが為にこの仕事をしている方々がたくさんいらっしゃいます。

「お客様がそんな美容師に一人でも多く出会える事」と「美容室が怖い・居心地悪い・嫌な想いばっかり」の様なネガティブイメージがある方が

一人でも減る事を願っています。

 

 

増田への問い合わせは以下の通りです。

お待たせして申し訳ありません。At,-hair story-は8月15日オープンです♪

ご予約受付開始中です♪

以下の問い合わせ先よりご希望のお日にちをお伝えください。24時間受付中です!^^v

本当に簡単なご相談でも大丈夫ですし、ダメージの事ヘアスタイルの事なんでも

お気楽にお問い合わせ下さいね^^仕事の関係上連絡が夜になってしまうかも知れませんが、了承ください。

電話ですと
連絡先 増田まで。

いきなりの電話はハードル高いなって方は、、

メールでも構いませんし↓

o8o15131209@icloud.com

いやいや、最近はLINEがあるじゃないかって方は、、

友だち追加数

問い合わせフォームはこちら↓

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’問い合わせ内容’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です